孤独のグルメ Season1 第十話 豊島区 東長崎のしょうが焼目玉丼 2012年3月8日




豊島区 東長崎にある「せきざわ食堂」


ストーリー
井之頭五郎は東長崎駅近くの喫茶店で、業界人の安田に呼ばれて、映画の小道具に使う皿の相談を受けた。
「ピッと・・・ズバッと・・・シュッとして・・・」
安田の言っていることが理解できない五郎だった。
その後、近くの公園を歩くとそこは学生の街、思い思いに過ごしている学生たちがいた。
そのうちお腹がすいてきた五郎は、この町に来てはじめに目に付いた定食屋さんに入る。
飾らない雰囲気にいい予感。
メニューを見ると、
アジフライ定食410円
チャーハン380円
ポテトサラダ120円
などなど、驚きの安さが続く。
さすが学生の街だった。
五郎は調子に乗って肉じゃが、ウインナーフライ、ポテトサラダにしょうが焼目玉丼まで頼んでしまう。
その手作り感満載の美味しい味に、また今日もすべて食べつくし満足する五郎だった。
ゲスト
松居直美 <八百屋さんの奥さん>
五郎が頼んだメニュー
ポテトサラダ
ウィンナーフライ
肉じゃが
しょうが焼目玉丼
ポイント
しょうが焼きと目玉焼きを丼に!おいしいに決まってますね!
残念ながら、閉店してしまったようです。
お店情報
2014年に閉店
店名:せきざわ食堂
住所:東京都豊島区長崎4-28-10
TEL:-
営業時間:-
定休日:-
参考リンク:食べログ
放送

Amazonプライム