孤独のグルメ Season3 第九話 練馬区 小竹向原のローストポークサンドイッチとサルシッチャ 2013年9月4日




練馬区 小竹向原にある「まちのパーラー」




ストーリー
小竹向原の地下鉄の駅から出てくる井之頭五郎(松重豊)。
小竹トンネルの上に小学校があるのを見たあと、ふと「シュルプリース」というカフェの店頭の看板に、『小竹向原トンネルロール』の文字を見つけ、思わず一服してしまう。
いい具合になごんでから、外へ出ると、そこは住宅街。店が全然ない。
「住民は買い物、どうしてるんだろう……」などと余計な心配をしつつ、目的地である友人の町田陽子(筒井真理子)のギャラリーへ到着すると、何やら大騒ぎ。
明日がオープンだというのに、手違いでアクセサリー商品が届かないという。
五郎は関係の業者に手当たり次第あたり、夜遅くなって、やっと栃木の業者が見つかった。
町田が車ですぐに取りに向かい、その間五郎は商品をディスプレイする。
朝、なんとかオープンにこぎ着けた。笑顔でギャラリーを後にする五郎。
久々に徹夜してしまった。お腹がすいた五郎だが、店がない!慌てていると、「まちのパーラー」の文字を発見。慌てて入る五郎。
入口には、サルシッチャ(生ソーセージ)や、いろいろな焼き立てパンが並んでいる。
慣れないパンの名前達に悩みながらも、『ローストポークサンドイッチ』『ほうれん草とリコッタチーズのキッシュ』『サルシッチャセット』『自家製黒糖ジンジャエール』を頼む。
香ばしいパンを噛みしめながら、全て食べつくし、店員に驚かれる五郎だった。
ゲスト
筒井真理子(町田陽子) 今野成美(女性店員①) 芳野友美(女性店員②) / 久住昌之(ふらっとQUSUMIコーナー)
五郎が頼んだメニュー
ローストポークのサンドイッチ
サルシッチャセット
ほうれん草とリコッタチーズのキッシュ
自家製黒糖ジンジャエール
ポイント
パンの種類が選べるお店。
固めのパンが美味しそうです。
お店情報
店名:まちのパーラー
住所:東京都練馬区小竹町2-40-4
TEL:03-6312-1333
営業時間:[月] 7:30~18:00 [水~日] 7:30~21:00
定休日:火曜日
参考リンク:食べログ
放送

Amazonプライム