孤独のグルメ Season3 第十話 荒川区 西尾久の炎の酒鍋と麦とろ飯 2013年9月11日




荒川区 西尾久にある「どん平」



ストーリー
都電荒川線の荒川遊園地駅で降り、あらかわ遊園地に向かう五郎。
動物園コーナーにはヤギはヒツジ、アライグマがいる。
下町都電ミニ資料館で、館長の沖田正義と会う。
来年三周年なので、「世界の路面電車の祭典」を企画しており、そのために世界の路面電車の模型を手伝ってほしいという。
沖田の熱血ぶりに五郎は快諾するが…。
「コラ!乱暴に動かしちゃダメだろ!」
子供を怒鳴っているのは、子供への愛情、それとも電車への…。
あらかわ遊園を出て、「ふく扇」というお店で、「たこせん」なる物を食べる。
予想通りの味が嬉しかった。
路面電車で出会った、大きいトランクが動かず困っているお婆さんを助けたりしていると、お腹がすいた。
女子医大通りで店を探す。チェーン店がなく落ち着いたところだ。「とんかつ」と書いてある「どん平」に入る。
となりの席の家族が食べている鍋から炎が上がっているのが気になり、「炎の火鍋セット」、そして「とんかつ麦とろミニミニセット定食」も食べて満足の五郎だった。
ゲスト
田山涼成(沖田正義) 林泰文(どん平店長) / 久住昌之(ふらっとQUSUMIコーナー)
五郎が頼んだメニュー
炎の酒鍋
とんかつ麦とろ定食(ミニミニセット)
ポイント
予約が必要だが炎の酒鍋が名物。
とんかつは煮込んだ豚バラを使っていて、とろけるほど柔らかい。
お店情報
店名:どん平
住所:東京都荒川区西尾久2-2-5
TEL:03-3893-8982
営業時間:11:00~13:30/17:30~21:00(売切で終了)
定休日:土曜日、日曜日、祝日
参考リンク:食べログ
放送

Amazonプライム