孤独のグルメ Season5 第六話 東京都目黒区 大岡山の九絵定食となめろう冷茶漬け 2015年11月7日




東京都 目黒区 大岡山にある「九絵」





ストーリー
「今日の仕事は決まればでかそうだし、なんか今日はいいことありそうな気がする…」明るく大岡山駅から出てくる井之頭五郎(松重豊)。
KYアフェリエイトプロダクツは、ここ大岡山支店も六本木に移転するため、五郎にインテリア全てのコーディネートを頼みたいという。かなり儲かっているらしい。
しかし五郎がイメージやコンセプトを聞いても、代表取締役の八代圭祐(堀部圭亮)は、一千万くらいかけてやってくれればどうでもいいというだけだ。
適当にやってくれればいい、というだけの八代にムッときた五郎は、美味しい仕事を断ってしまう。
 こういう時は美味しいモンを食いたいだけ食うに限る。
店を探す五郎の目に「漁師料理」の文字が飛び込んでくる。
美味い魚でご飯パクパク味噌汁ズルズル…いいじゃないか。
 店に入るとカウンター席に通された。
大将(片桐竜次)がカツオ一匹を出してきて、五郎の目の前でテキパキとさばき始めると期待度が急上昇。迷った末に、周囲の客が次々に頼んでいく九絵定食を頼んだ。
客の注文がどんどん入り大将は大忙し。
それを嘆くと奥さんのみゆき(鷲尾真知子)に「忙しいのは有難いこと?」とハッパをかけられる。
やがてみゆきが定食を運んできた。
刺身はかんぱち、ひらめ、サーモン、マグロ。煮付けはマグロのカマ。添えられた大根は味を変えてあるという。さらにサラダ、味噌汁とご飯でわしわし食べる。
思わず「旨い」と声に出してしまう。
ご飯のお代わりを、と思った時に、「なめろう冷茶漬け」を頼む声。
興味を持った五郎も頼んでみる。
ご飯にかつおのなめろうをのせて、冷たい味噌汁をじゃぶじゃぶかけて食べる。
これがまた旨かった。
大きな仕事を蹴ったモヤモヤがすっかり吹っ飛んだ五郎だった。
ゲスト
鷲尾真知子 片桐竜次 堀部圭亮
五郎が頼んだメニュー
九絵定食
なめろう冷茶漬
ポイント
刺身も煮付けも楽しめる九絵定食は看板メニュー。
お店情報
店名:九絵
住所:東京都目黒区大岡山2-2-1
TEL:03-5731-5230
営業時間:11:30~14:00/18:00~23:30(祝日は21:00)
定休日:日曜日
参考リンク:食べログ
放送

Amazonプライム