孤独のグルメ Season6 第九話 東京都品川区旗の台のサルスエラとイカ墨のパエリア 2017年6月10日




東京都 品川区 旗の台にある「スペイン食堂 石井」






ストーリー
旗の台商店街を歩いていた井之頭五郎(松重豊)は、フィンランド人の友人からのメールを確認しようと喫茶店「アティック」に入った。
メニューにあった懐かしい「クリームソーダ」を堪能した後、もともと銭湯だった趣のある建物にたどり着く。
五郎はここで、友人のジョセフィーヌの依頼で銭湯のリノベーション方法の参考資料として活用方法などオーナーの藤堂(神尾佑)に聞きながら、写真を撮って回った。
撮影した写真を確認していると以前にパリで撮影した写真が現れ、思い出に浸ってしまう。
我に返った五郎は腹が減っていることに気がつき、店を探すことに。
住宅街から、大通りに店を探しながら歩いているとスペインの国旗が目に入る。
赤色の看板には「スペイン料理 石井」の文字が。
五郎は「よし、突っ込んでいこうじゃないか…」と闘牛の如く店に突進する。
店の奥さん(佐藤仁美)に案内され、メニューを開くと、厨房の奥からバチバチと何かがはじける大きな音が響き、思わず五郎はビクついてしまう。
気を取り直して店内を見渡すとスペインの様々な地方の料理や定番料理の文字が並ぶ。
さらに壁には「ハーフサイズもあります」の文字が。 五郎はハーフサイズで攻めようと決める。
まず現れたのは刻んだ生ハムとニンニクにオイルがたっぷりのった「長谷川さんこだわりのマッシュルームの鉄板焼き」。
さらにイベリコ豚のサラミのスクランブルエッグ「サルシッチョンのレヴェルト」、熱々のトマト味のソースとタラの旨味がギュッと凝縮された「タラのアリオリソース焼き」、さっぱり味の「ニンジンのサラダ」が続々と登場する。
そして、魚介たっぷりのブイヤベース「サルスエラ」と「イカ墨のパエリア」を平らげ、五郎の一人「ハーフ祭り」は大満足で幕を閉じた。
ゲスト
藤堂…神尾佑 奥さん…佐藤仁美
五郎が頼んだメニュー
長谷川さんこだわりのマッシュルームの鉄板焼き
サルシッチョンのレヴェルト
タラのアリオリソース焼き
ニンジンのサラダ
サルスエラ
イカ墨のパエリア
ポイント
スペイン料理のお店で、長谷川さんこだわりのマッシュルームの鉄板焼きは是非食べてみたい。

公式HPから転載
ご注意
ご予約などの御電話はランチタイムとディナータイムの間の休憩時間帯に受け付けております。

お店情報
店名:スペイン食堂 石井
住所:東京都品川区旗の台2-1-31 1F
TEL:03-3784-7336
営業時間:11:30~13:30/18:00~22:00(月曜日は夜のみ)
定休日:火曜日
参考リンク:食べログ
放送

Amazonプライム