孤独のグルメ Season6 第十二話 東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯 2017年7月1日




東京都 品川区 五反田にある「食堂とだか」







ストーリー
井之頭五郎(松重豊)は、五反田駅からとある梱包会社に向かった。
今日5件目にして最後のクライアント、渡辺正義(長谷川朝晴)に会うためだ。多少早く到着すると、渡辺は大慌てで五郎を死角に追いやり、また渡辺の妻は、義母を奥の部屋へ追いやる。
五郎は訳が分からない。
一段落すると、渡辺は五郎に詫びた。
今回五郎に依頼したのは、母への誕生日プレゼントだった。
それを母に気づかれたくなくて、慌ててしまったのだという。
いい夫婦だなあ、と五郎はしみじみする。
仕事を終え、目黒川の流れを眺めていたら、腹が減った。
五郎が川沿いを歩き進めると、「ふれあい飲食店街」という看板が目に留まった。
吹き抜けのビルの一階と二階が飲食店街になっているようだ。
看板をくまなく見る。飲み屋が大半だが、その中に「食堂とだか」を発見する。ドアのガラス部分にカーテンがかかっていて店内が見えない。
頭の中に居酒屋疑惑が浮上し不安になるも、思い切ってドアを開けた。
店内は変則L字カウンターになっていて、「食堂飲み屋だったか?」と一瞬後悔するが、マスター(ムロツヨシ)から注文を書く紙を渡されるまま、メニュー選びに入る。
壁のメニューを見ているうちに、メニューの面白さに惹かれていった。
「子持ち昆布フライタルタル」など、変わったメニューに悩みつつも注文を書き込んでいく。
お通しに「たこときゅうりの塩昆布」、他「ウニ・オン・ザ・煮玉子」、「胡麻豆腐とトマトの揚げだし」、そして「揚げトウモロコシ」「キンキと茄子の包み焼き」を注文。
さらに「牛ご飯」と「体に良いおみそ汁」も加えた。
焼き加減が絶妙な牛肉とワサビが乗った御飯はネギと大葉が効いておりタレも絶品。
ラッキョウが入った一風変わった味噌汁も最高で、大満足の五郎だった。
ゲスト
ムロツヨシ 長谷川朝晴 ANI(スチャダラパー)
五郎が頼んだメニュー
たこときゅうりの塩昆布
ウニ・オン・ザ・煮玉子
胡麻豆腐とトマトの揚げだし
揚げトウモロコシ
キンキと茄子の包み焼き
牛ご飯
体に良いおみそ汁
ポイント
隠れ家的なお店でメニューも斬新。

公式HPから転載
ご注意
席数に限りがある為、お越しの際はご予約をお願いします。
ご予約の御電話は15:00~18:00で承っております。
またfacebookにてweb予約も受け付けておりますので、そちらも御利用ください。

お店情報
店名:食堂とだか
住所:東京都品川区西五反田1-9-3 B1F
TEL:03-6420-3734
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜日
参考リンク:食べログ
放送

Amazonプライム