孤独のグルメ 2018大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 京都府京都市のぐじの土鍋ご飯と愛知県名古屋市の台湾ラーメン 2018年12月31日




京都府 京都市 左京区にある「梨門邸 (なしもて)」
愛知県 名古屋 市中区にある「珈琲処 カラス」
愛知県 名古屋 市西区にある「台湾ラーメン光陽」
東京都 葛飾区 柴又にある「うなぎ・日本料理 ゑびす家」








ストーリー
ある真夏の日、井之頭五郎(松重豊)はうなぎ屋にいた。
他の客のうなぎは次々に出てくるのに、五郎にはなかなか出てこない。
しばらくしてやっと出てきた。
嬉しさにお重の蓋を開けると、なんと中身が入っていない!
焦ったところで五郎は目が覚めた。
夢だったのだ。
五郎は大晦日の夜、葛飾区柴又の「亀屋本店」の店主、前田(伊東四朗)との商談にやってきたのだが、前田が仕事まわりからなかなか帰って来ず、待っているうちに居眠りしてしまったのだ。
夢に見るほどうなぎが食べたかったのか、と自分に呆れる五郎。
前田を待っている間ストーブに当たりすぎて体が熱くなった。
屋上に出て風に当たっていると、前田がやってきた。

思えば今年も慌ただしい年末だった。
12月30日、出張先の京都で、五郎はうなぎ屋の文字を見かけ、無性にうなぎが食べたくなった。
だがランチタイムを過ぎており、すぐに食べられる店が見つからない。
小皿から家具まで木製の商品を扱う店舗兼ギャラリーの管理人、鈴川江梨子(鶴田真由)との商談を済ませると、再び鰻屋を探す。
しかしどうにも見つからず、住宅街に迷い込んでしまった。
お腹が空き過ぎてもうなんでもよくなってきたその時、縄のれんの「梨門邸」という店の前を通りかかった。
入り口のメニューに「昼ごはん・うな重」の文字を見つけ、迷わず入る。
店内には常連客らしき二人連れ(中川家(剛・礼二))と夫婦客(上西雄大・武藤玲子)がすでに食事を始めていた。
女将(中村ゆり)が五郎を席に案内する。
カウンターの奥に炭火の台があり、大将(橋本一郎)が色々焼いている。
五郎がうな重を注文すると、なんと売り切れだという。
メニューにあるひつまぶしも終わっており、がっくり。
しかし気を取り直して、「ぐじの土鍋ご飯」を注文。
合わせて、「もち豚ロース」と「トマトの炭火焼き」「牡蠣の塩焼き」「かぶら蒸し」を頼んだ。
お通しの「さばの南蛮漬け、豚バラと壬生菜のさっと煮山椒添え、おぼろ豆腐のあんかけ」を堪能していると、大将がトマトを丸ごと串にさして炭火で焼いているが目に入り、その大胆さに驚く。
やがて出てきたそれを食べる。
酸味がある香ばしさがぐっときた。
他の料理も全て美味しく頂き大満足で店を後にした。
その夜名古屋に移動した五郎は、翌朝、昔懐かしい喫茶店「カラス」を見つけ、朝食をとることに。
コーヒー一杯の値段でトーストと卵がついてくるモーニングに惹かれつつ、名古屋名物の「あんトースト」を食べることに。
ママ(高橋ひとみ)が常連客にコーヒーのチケットを切りながら会計をしている姿もなんだかいい。
朝から名古屋の優しい甘さに浸るのだった。
その後、美容院を経営する奥村(岸田賢二)との商談へ。
無事に仕事を終えると、奥村が「台湾ラーメン」を食べないかと誘ってきた。
それは台湾にはなく名古屋にしかない、名古屋のソウルフードみたいなものだのだという。
台湾ラーメンを聞いたことがなかった五郎は惹かれつつも、いよいようなぎが食べたくて仕方がなく、誘いを上手くかわすとうなぎ屋探しに旅立った。
しかし探しても探しても見つからない。
そのうち、目の前に「台湾ラーメン・台湾料理 光陽」という看板が現れた。
もしかしてこれは、あの名古屋生まれの?
「うなぎはいつでも食えるが、これは名古屋を離れたらそれまでかもしれん」五郎は心を決めた。
店内には大勢の客が汗を書きながらラーメンなどを食べていた。
台湾ラーメンは辛さが選べるようになっていて、「アメリカン(辛いものが苦手な人)」もあった。
五郎は台湾ラーメンの中辛と、酢鶏なるものとピリカラにんにく炒飯を頼む。
やがて女将(坂井真紀)が酢鶏を持ってきた。
揚げ物なのに軽く、他にはネギしか入ってないのがまた美味い。
その後、台湾ラーメンとピリカラにんにく炒飯が登場。
まずはラーメンを食らう。
真っ赤なスープが辛いが美味しい。
炒飯はレンゲで一口食べただけで強烈なニンニクが容赦なくなだれ込み、追い打ちをかける。
凄い、旨い、辛い、強烈……でもやめられない。
お水がジョッキで出てくる訳がよくわかった。
その後東京に戻り蒲田での仕事を終え、五郎は今、最後の仕事場、柴又にいた。
前田は、孫の成人式に一緒にワインを飲もうと、イニシャル入りのワイングラスを購入しようとしていた。
「出来はイマイチなんですがね、私に似て可愛いんですよ」という前田をスルーすると、突っ込んでよ?と絡まれる五郎。
夢を見てからうなぎ食べたい病の五郎は前田をうまくかわすと、うなぎ屋の場所を聞き出しそこに向かった。
柴又駅近くの「えびす家」に入ると、数名の客(久住昌之・植草朋樹)がいた。
直ぐにうな重を注文する。
しばらくしてなんと前田がやってきた。
五郎に店を聞かれ、自分も食べたくなったという。
やがて待ちに待ったうな重がやってきた。
一口ずつしっかりと味わう五郎。
カップル客が携帯でテレビ番組ををチェックしているのが聞こえてくる。
他の客も静かにひと時を楽しんでいる。
そこには、大晦日の極上の時間が流れていた。

ゲスト
京都編
鶴田真由(鈴川江梨子)、中村ゆり(女将)、橋本一郎(大将)
中川家(剛・礼二)(常連客)

名古屋編
高橋ひとみ(ママ)、坂井真紀(女将)

柴又編
伊東四朗(前田)、久住昌之、植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)

五郎が頼んだメニュー
【梨門邸】
ぐじの土鍋ご飯
もち豚ロース
トマトの炭火焼き
牡蠣の塩焼き
かぶら蒸し
さばの南蛮漬け(お通し)
豚バラと壬生菜のさっと煮山椒添え(お通し)
おぼろ豆腐のあんかけ(お通し)

【珈琲処 カラス】
あんトースト

【台湾ラーメン光陽】
台湾ラーメン(中辛)
酢鶏
ピリカラにんにく炒飯

【うなぎ・日本料理 ゑびす家】
うな重

ポイント
【梨門邸】
何でも炭火で焼いてくれます!

【珈琲処 カラス】
名古屋名物の「あんトースト」が食べられます。

【台湾ラーメン光陽】
名古屋にしかない、名古屋のソウルフードの台湾ラーメンが食べられます。

【うなぎ・日本料理 ゑびす家】
日本料理の老舗店。

お店情報
店名:梨門邸 (なしもて)
住所:京都府京都市左京区浄土時上南田町37
TEL:075-751-2608
営業時間:11:30~14:00(L.O) / 18:00~23:00(最終入店22:00)
定休日:火曜日、水曜ランチタイム
参考リンク:食べログ
お店情報
店名:珈琲処 カラス
住所:愛知県名古屋市中区栄1-12-2
TEL:052-231-1563
営業時間:[月~金]7:45~18:00 / [日祝]9:00~17:00
定休日:土曜月2回、不定休
参考リンク:食べログ
お店情報
店名:台湾ラーメン光陽
住所:愛知県名古屋市西区比良3-139
TEL:052-501-3243
営業時間:[月・水~日]17:00~24:30(L.O.24:20)
定休日:火曜日
参考リンク:食べログ
お店情報
店名:うなぎ・日本料理 ゑびす家
住所:東京都葛飾区柴又7-3-7
TEL:03-3657-2525
営業時間:11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:不定休 月4回
参考リンク:食べログ
放送

Amazonプライム